2015年12月08日

記事/IPCCの2014年(第5次)評価報告書案における見解について

気候変動政府間パネル(IPCC)は現在、2014年に公表予定の『第5次評価報告書』の作成作業を進めている。3つある作業グループの1つから部分的に公表された暫定案によると、今後についての見通しが2007年報告書の時ほど悪くはないことが示唆されている。この新たな見解は、環境にとっては朗報であるものの、気候変動の影響を解明することが求められる科学界にはさらに大きな不確かさを突きつけている。

今回の草案には、主な見解として次の2点が示されている。

1. 地球温暖化に係わる実際の観測結果は、2007年報告書に示されたモデル予測と合致していない。

2. 地球気温は1998-1999年以降、全体として横ばいの状態で推移してきている。


地球温暖化をもたらす気温の上昇が止まったかどうかについては全く不明である。分かることは、ここ10年間の気温データから示唆される温暖化の減速が、気候変動による影響の緊急性の低下と緩和の可能性とを意味するということである。

2014年報告書では、気候変動に関する主要な分野として、気候変動の物理学的根拠、影響・適応・脆弱性、気候変動影響の緩和という3項目が取り上げられる。

報告書案での見解を巡る議論の中心は、2007年報告書で使用されたモデルの有効性についてである。最近10年間における現実の地球気温分析データは、2007年モデルによる予測の最も低いところを推移している。温室効果ガスについては今日でも十分には解明されておらず、雲が温暖化に及ぼす影響なども不明確である。より質の高いデータがモデルを向上させることは多くが認めるところである。マックスプランク気象学研究所のエリック・レックナー氏は最近、「・・・いかなるモデルも自然界と同じほどに複雑なものにはならないだろう」との意見を述べている。これがまさしく、2014年報告書案に示されるデータについて抱く感覚である。

Climate change: IPCC 2014 draft report insights, April 22 2013


posted by ichijin at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

気候モデル/気温

【ブログ】

GlobTemps.jpg

温暖化-気温モデルvs観測_13.png
Global Warming Without Fear, Sep. 13, 2013

ClimateModels_Obs2.jpg
Climate Models Fail to Match Recent Temperature History, August 26, 2013


Ipcc CIMP5 climate model failure global temperature prediction
Newest IPCC CMIP5 Climate Models Fail At Global Temperature Predictions Too!, February 16, 2013

Model-Projections-ETH-Zurich.jpg
Simple Climate Model Continues To Embarrass "Experts" and The IPCC's Billion-Dollar Computer Climate Simulations, August 03, 2013


Christy34CMIP5.jpg
John R. Christy, PhD - Senate Environment and Public Works Committee, 1 August 2012
36 out of 38 models.jpg
World's top climate scientists confess: Global warming is just QUARTER what we thought - and computers got the effects of greenhouse gases wrong,  19 September 2013

posted by ichijin at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 気候モデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

CO2/気温への作用

【大気CO2濃度】
・大気CO2は昔も今も、気温に追随して変動する性質のものである。

温暖化-CO2の気温追随.png
Latest European Research Determines Why IPCC's CO2-Centric Climate Models Fail So Badly At Global Temperature Prediction, September 03, 2012

sensitivity-CO2.png
Those Stubborn Facts: As Atmospheric CO2 Levels Increase, Impact On Global Temperatures Shrinks, September 10, 2013

温暖化-英気温vsCO2.jpg
The curious case of rising CO2 and falling temperatures, May 8, 2013



IPCC's Gold-Standard HadCRUT Confirms: CO2's Impact On Global Temps Statistically Immaterial & Insignificant, June 08, 2013

温暖化-大気CO2増vs気温傾向.png
The Continuing Collapse of Both The Anti-Science CO2/AGW Theory & The "Unequivocal" Global Warming Trend, June 06, 2013

温暖化-大気co2増vs気温10年.png温暖化-大気co2増vs気温15年.png温暖化-大気co2増vs気温20年.png温暖化-大気co2増vs気温30年.png
Simple, Basic Factual Truths: Dangerous, Accelerating Global Warming Does Not Exist, May 17, 2013

温暖化-大気CO2増vs気温_1.png
IPCC Climate Science Confirmed By NOAA: Global Warming Causes Global Cooling, April 18, 2013

温暖化-大気CO2増vs気温_2.png
NOAA Research: IPCC's Predicted Climate Sensitivity To CO2 Significantly Exaggerated, January 19, 2013

温暖化-大気CO2増vs気温_3.png
NOAA: Accelerating Global Warming Is Not Happening - CO2 Wrongly Accused, January 17, 2013


【人為CO2】

IPCC Climate Research: Modern Global Cooling Accelerates To Its Fastest Pace In Last 30 Years - 'Unequivocal', July 31, 2013

温暖化-人為CO2増vs気温_2.png
IPCC's 'Gold Standard' Temperature Dataset Authenticates Global Cooling Over Last 15 Years, January 22, 2013

温暖化-人為CO2増vs気温_1.png
Green Activists: Massive Human CO2 Emissions Cause Global Cooling, Not Warming, January 15, 2013

posted by ichijin at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 二酸化炭素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする